PTA役員決め

一度やったら、もう回ってこないだろうと思っていたPTA役員がまわってきてしまいました(´;ω;`)

むしろ一度やると、何度でも誘われる学校だったようです(´・ω・`)
2年間はうまくかわしてお休みしたので、今度はいさぎよく引き受けました。断れそうもないなら、なるべくできそうな役を選んだ方がいいですもんね!

役員決めもいろんなドラマがありますよね。
無理ですって泣く人とか、役員がいやだから一切参観とか行かない人とか、役員のある習い事はさせないとか・・・

嫌がる人が多いのは、やはりそれなりに仕事があるからだとは思うので、みんな「減らせないかな~」と思うのに、なぜか減りませんよね~。このへんは会社組織でも似たようなことがあるような気がします。

前例通りやった方が軋轢がないので簡単なんですが、煩雑なことが多い。新ルールにすると軌道にのるまで大変ですけど、PTA役員の任期はせいぜい1・2年ですから、新ルールにしようという人は少ないわけです。

それでも、中には何人かいて、そういう人は3年間会長とかやりながら大改革してました。その後卒業してしまったんですが、それでうまくいっているのかな~気になる。


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

TOP