ふるさと納税 手続き

ふるさと納税 仕組み

ふるさと納税が、どれだけお得なのか、わかりやすい図がありました。

この人の場合、ふるさと納税しなければ360万円の税金を払うだけですが、ふるさと納税をすると、税金は2000円増えますが、そのかわり返礼品がもらえます。返礼品の相場はだいたい寄付金額の半分程度なので、この場合は約34,000円。

1万円の寄付で、米なら10㎏~15㎏の返礼品がもらえます。多いところは20㎏ということろも!
うまく使えば食費を抑えるのにとても役立ちます。

我が家では今年、お米を2回、りんごを1回寄付の返礼品としていただきました。
産地直送で精米したてのお米は美味しかったですよ~。
りんごは、普段スーパーで買うのよりず~っと立派なものが届きました。自分で選ぶときはやっぱり安いものを選んでしまいますが、返礼品は特産品のアピールという意味もあるので、果物もちょっと高級なものが多くてリッチな気分になれます(笑)

 

ふるさと納税 ワンストップ

ふるさと納税に2015年から導入されたワンストップ特例は、利用できれば本当に簡単に控除(税金がへること!)をうけることができます。
ただし!条件があるんです。

条件1 ふるさと納税以外で確定申告が不要な給与所得者。

条件2 ふるさと納税をした団体が5団体以内で、確定申告は行わない人。

サラリーマンで、毎年確定申告していないあなた!
あなたがふるさと納税でワンストップ特例をうけることができる人です!

手続きはふるさと納税した先の自治体に「ワンストップ特例申請書」を提出するだけ。
こんな書類です。書き込む項目もそれほど難しくありません。

実際に「さとふる 」で納税してみたら、項目もほとんど書き込まれてきました!あとはチェックして寄付先の自治体に送るだけでした!
本当に簡単!

注意点としては、この制度を使うと、ふるさと納税の減税分はすべて住民税から控除されるということ。

住民税は給与から払っていますが、この金額が減るので月の手取りが増えるのです。
所得税で減税されると還付金になるのでわかりやすいですが、住民税は控除なのでちょっとわかりにくいですよね。手取りが増えたのはふるさと納税のせいじゃなくて、ベースアップのせい?とか勘違いしそうです(笑)

サラリーマンが確定申告する場合で考えられることは、大きく以下の3つだと思います。
○確定申告で医療費控除をうけている。今年もうける予定だ。

○住宅ローンを組んだので今年から控除を受ける。(翌年からは会社に書類をだすと処理してくれるので確定申告はいらなくなります)

○給与以外の所得がある。マンション経営とか親から贈与をうけたとか、株やFXの収入を確定申告している。

これらの人は、残念ながらふるさと納税のワンストップ特例はうけれません。
でも、確定申告するときに、忘れずにふるさと納税した分を申告すれば減税はうけれます。

ふるさと納税は、どうせ払うはずの税金で返礼品がもらえちゃうこの制度、ぜひ有効活用しましょう。
さらに、ふるさと納税のワンストップ特例がうけれれば確定申告もいらないんですから、最高ですね!


ふるさと納税 確定申告

ふるさと納税のワンストップ特例が使えない人は確定申告をします。そうしないと控除してもらえないので、単に寄付しただけになっちゃいますよ!

確定申告の期間は毎年2月15日から3月15日くらいまで。
ほとんどの自治体がこの期間は申告コーナーを広く設けてくれるので、そういうところにいって、「ふるさと納税しました~」って相談しながらやるのもいいかも。

それもいけそうもない人は、e-Taxを使うか郵送を利用しましょう。

e-Taxはオンラインで確定申告ができる国税庁のシステムです。
ただし、利用するには個人情報カードが必要です。
昨年送付されたマイナンバーの通知に申告書があるはずなので、それで申請します。
時期によっては確定申告までに間に合わないかもしれないので、そうなったらe-Taxはあきらめるしかないです。
もし、住基カードを作っていたらそちらも使えます。
そして、申告用のICカードリーダーが必要です。ネットや家電量販店で扱っています。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ICカードリーダライタ 接触型 マイナンバー対応 確定申告[ADR-MNICUB...
価格:2780円(税込、送料無料) (2018/12/19時点)

 

郵送する場合は、用紙を国税庁のサイトからダウンロードして書き込みます。
でも、初めて人が一人でやるのはかなりしんどいので、あんまりおすすめしません。

一度確定申告すると、翌年から申告用紙が郵送されてくるので、そちらを持っている人は、今年からふるさと納税の分を申告するのを忘れずに

ふるさと納税を確定申告すると、所得税の減税分はわりとすぐに還付金として口座にふりこまれます。
住民税からの減税分は、翌年の6月から住民税から差し引かれます(控除)。
振込があるわけではないのでふるさと納税の効果を感じにくいかもしれませんが、毎月のもらえる給与が増えているはずです。

ふるさと納税を確定申告するときの項目は「寄付金控除」になります。
国税庁のe-Taxのページに詳しい方ふるさと納税法がのっていますので、気になる人はみてみてね。

ふるさと納税の方法
 

© 2019 ふるさと納税 手続き rss