千春M逮捕で、姉のラジカセを思い出す。

ネットニュースをみていたら、千春Mという自称タレントさんが交際相手を殴って逮捕されたのこと。
この千春Mさん。歌手の松山千春さんのものまねをしてショーなどに出演していたそうです。歌はうまいし、ビジュアルも松山千春さんに似ているそうです。

そこで、思い出したのが、中学生の姉の聞いていた松山千春。
家に一つだけあったラジカセで、カセットテープでず~っと松山千春さんの曲をきいていたので、小学生の私は「大空と大地の中で」とか歌えましたよ。

music_rajikase

他にもオフコースとか、さだまさしとかイルカ、中島みゆきなんかがかかっていて、自分が中学生になるころには、ラジオでこうした曲をきいていました。
姉は高校生くらいまで松山千春さんのファンで、友達とコンサートとかいっていました。
この時期のフォークのみなさんはテレビの歌番組は出ないのが普通だったので、ラジオで聞いてレコード!を買っていました。
でも、同級生の女子はジャニーズのタレントに夢中で、話の合う人はいなかったな~。

自分が高校生のころはYMOとか洋楽をきいていました。でも映画音楽が一番好きでスティングとか聞いていた。
お金があったら買いたいレコードがいっぱいあったっけ。

その後はマイケルジャクソンとかマドンナといったMTVの時代。
ボンジョビとかのヘビメタとかロックとか。

ユニコーンとか。書いていて一貫性ないですねえ(笑)

今は、欲しいと思えば音楽データ買えますが・・・特に欲しいのがない。
大人になるって、音楽きかなくなるんだなあ。

 


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

TOP