風邪をひいたら・・・

夫が会社から帰ってきて、「すっごく寒い、風邪を引いたかも」と熱をはかってみたら、37度台の後半。
ああ~、熱ですね~。風邪かなあ、インフルじゃないといいなあ。

とりあえず我が家では「寒気がしたら葛根湯」なので、お湯で葛根湯を飲ませました。
そして、夕飯は食べたいものだけ食べてもらって、アクエリで水分とってもらう。

お酒は飲むな、とはいわなかったのですが、飲んでなかった。自然と飲みたくなくなるのかも。
そして、いつも夜更かしなのに23時には寝てました。

翌朝には熱がさがって、昼間ちょっと37度を超えましたが、すぐに36度台に戻って、よかったよかった。
ちょうど高血圧の診察があったので、お医者さんに行ったのですが、熱がでたといったら、注意されたそうです。

夫は尿道カテーテルをしているのですが、そのときバイキンが入って熱がでることがあるので、もう一度手順を確認して、菌がはいらないように気をつけなさいといわれたのでした。そういう心配はしてなかった(;´∀`)今度から疑わないと・・・。

夫はかなりきちんとした性格なので(私の方がよっぽどズボラだw)、手順は大丈夫だと思うから、やっぱり風邪だったんじゃないかなといっていました。

葛根湯は漢方薬で、買ったときに説明された効能としては「体を温める」でした。
熱がでるのは、身体のなかに細菌やウイルスが増えているので免疫が戦っている証拠。なので体を温めて免疫を応援してあげるのだそうです。

飲み方は食前1時間まえにお湯で飲みますが、我が家はあまり気にせず、寒気を感じたら飲むくらいの基準にしています。お店の人によると、風邪の引き始めに飲むのが一番きくそうです。


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

TOP