雷鳥のたまご

子どもがお土産に買ってきてくれた「雷鳥のたまご」です。
確か富山に行くっていっていたのに、これは長野では?聞いてみたら「黒部ダムに行って、長野側に降りて帰ってきた」といっていました。なるほど。

黒部ダムのトロリーバスは今年最後だってブラタモリでいっていたので、いい記念になったね~。

ところで「雷鳥のたまご」ですが、外側がホワイトチョコでコーティングされていて、中はカステラ生地、さらにその中に白餡でした。美味しくいただきましたが、息子が「これ系は知っている・・・・」と言ってました。

多分「かもめの玉子」のことかな?こちらはWikiにもあるくらい有名な岩手県のお菓子ですね。

写真をみると「かもめ」の方が餡が大きく、カステラ生地が薄いです。食べた感じしっとり感があるのは、こちらかな。

でも、雷鳥のたまごもカステラ生地が多い分、ケーキっぽくて美味しいですよ。好みがわかれるんではないでしょうか?

ちなみに大きさは、ミニかもめの玉子くらいの大きさでした。このサイズの方が食べやすくていいですよね!

 


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

TOP