雪かきスコップ

テレビのニュースをみていたら、八王子駅前で雪かきしている人たちのスコップがこんなやつでした。

私は新潟県出身なので、子どものころさんざん雪かき(地元では雪堀りという)したんですが、そのときは、こんなスコップでした。

 

金属製でないと、雪にサクッと刺さらないからなんですが、東京の雪なら刺さる必要ないですね。どっちかというと広い面積の薄く積もった雪を移動できることと、地面をひきずっても壊れないことが重要なんだなと。雪国はスコップにのせた雪を遠くに投げますから、あんなに広い面に雪乗っけると重くてもちあがりませんが、そもそもあんまり持ち上げない、押して移動するんですもんね。

でも、うちのスコップはアルミ製買ってしまいました(笑)
これから購入する人は、プラスチックの広いスコップがいいと思いますよ。

 

それから、車には折り畳みスコップをのせています。駐車場に止めている間に雪が積もって脱出できなくなったとき使いました。
でもね、一緒に行った人は4WDだったので、掘らなくても脱出できたの。すごい!

大きいと載せておくのが大変なので、雪かきの効率は悪いけどこんなタイプにしています。


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

TOP