郵便貯金 消滅時効

子どもが「ツイッターで、郵便貯金が消えるって流れているよ」ってみせてくれたのが、新聞広告。

平成19年10月以前に預けた預金で満期を迎えている定額郵便貯金、定期郵便貯金、積立郵便貯金が、9月30日までに手続きしないと、消滅すると書いてありました。

調べてみると、これは郵政民営化前の預金ということ。さすがにそんなに古いのはないだろうと思ったけど、一応確認したら・・・・あったわΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

平成14年に預けた定額貯金があるじゃないの!

あわててゆうちょのコールセンターに電話して確認したら

「総合通帳の後ろの方についている定額・定期預金などは満期になると自動で口座に入るようになっております」

と、さわやかにいわれました(;´∀`)

あわてて普通預金のページをみたら・・・あ、払い戻されている。
よくみればよかった(*ノωノ)

でも、総合口座の通帳なら大丈夫とわかって一安心。

危険なのは、定期や定額だけの通帳になっている場合や、証書になっている場合です。
子どものころのお年玉なんかを親が預けたりしているのが危険らしいので、こころ当たりのある人は親に確認した方がよさそうですよ。


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

TOP