車検 費用

車(トヨタのシエンタ)が最初の車検を迎えるので、ディーラーで見積もりとると13万円くらいといわれました。

見積りをみると、最低限の整備、やったほうがいい整備にわかれています。
メンテナンスパックをセールスされて、先に買った方が安いといわれます。

まあ、オイル交換なんかはそうなんですが、経験上、先にいくと整備項目が増えてくるので、結局13万くらいにおちつくんですよね。

そこで!今年は初めてディーラー以外から見積もりとったのですが・・・15万円でした(笑)

少しでも安くしたいと思ったんですが、結局どこも板金とかボディコーティングとかなにかしらセールスしてくるんですね。
結局、最低限の整備代金ならディーラーと変わらない感じでした。

それなら、ディーラーで「お金ないから、今回は通すだけで」って言った方が、あとあとのメンテナンス考えたらいいと思いました。
というわけで、ディーラーで車検におちつきました。まあ、動いてみたので納得してうけられたからヨシとします。

調べている最中にユーザー車検なる言葉がでてきたんですが、これは自分で陸運局に車をもちこんでする車検だそうです。
ほぼ法定費用だけで済むので、激安なのは間違いないそうです。

ただし、あくまで検査した時点で、公道を走れるというだけです。
整備はしていないわけなので、いつ壊れてもおかしくないし、保証もなし。

もしかして自分で気が付かない不具合があって不合格になる可能性もあります。
そのために予備車検というサービスを陸運局の周辺の工場がやっているそうです。車検が通るか点検してくれるんだとか。

じゃあ、そのまま車検しちゃえよ~と思いますが、車検をするには、指定工場か認定工場じゃないといけません。

指定工場は、陸運局と同じ検査ができるところです。ディーラーもコレです。検査のあとは書類を陸運局にもちこんで、例のフロントガラスに貼るシールをもらうわけです。

認定工場は、書類ではダメで、実際に車を陸運局に持ち込む必要があります。なので、1泊2日とか預けることになるそうです。

知識はついたけど、結局次からもディーラー車検になりそうな予感がする。
新車で買うとコースにのっているようなものなんだな~。


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

TOP