箱根神社 九頭竜

録画しておいたブラタモリを見ていたら、九頭竜神社にたちよっていました。
なんでも神社の瓦についている猪目紋がハートにみえるから縁結びにご利益があるって若い女性に大人気なのだとか。

ホームページを調べてみると、水の神様として開運、金運にご利益があるとなっていました。そして、毎月13日の月次祭には数百人~1000人がくる人気のパワースポットなのだそうです。

九頭竜神社の月次祭参加方法


ブラタモリの中では、モータボートで移動していたので、てっきり芦ノ湖の島にあるのかと思ったら、湖畔でしたw
徒歩でもいけるようですが、あまり車では近くまでいけず、20~30分歩きます。その間通る九頭竜の森では入園料は500円がかかる。

月次祭に参加するなら、芦ノ湖遊覧船の元箱根案内所で受付をするのがスムーズそう。
人気だからか朝の7:30から受付開始。
毎月13日には小田原・湯本駅・三島からから船着場までバスがでているそうです。

月次祭は1時間ほどかかり、昼には船着き場に戻ってランチしてから箱根神社にもお参りというのが定番コース。九頭竜神社の新宮もありますし、“神礼”と“龍神水”の引換券は箱根神社のお札所で交換になるからです。

箱根神社も5つの鳥居をくぐって登るので、一日がかりのお参りで、体力いりそうですが、せっかくなので両方まわってご利益うけたいですよね~。

ところでブラタモリの中では、芦ノ湖ができたあとに頻発した地滑り(立木がそのまま湖底にしずむようなもの)を九つの頭をもつ毒竜になぞらえて、その竜がよい竜になって祭られているのが九頭竜神社と紹介していました。

毒竜が縁結びになるとは・・・


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

TOP