確定申告

昨日は4時間くらいかけてe-Taxで確定申告していました。我が家は転勤大家さんもしているので不動産収入もあり、毎年確定申告してます。それで、4年前からe-Taxを導入しました。

e-Taxを使うと昨年のデータを読み込ませることができるので、管理費とか不動産の減価償却とか、税金とか変化ないものはいれるのが簡単♪初回は8時間くらいかかっていたけど、今は下調べから初めて4時間弱。提出だと、さらにもっていかないといけないけど、送信するれば、それでOKなのは、ありがたい。

e-Taxを使うと医療費控除のレシートとか、給与所得の源泉徴収票とかも添付省略できるのもうれしいです。

医療費控除は、家計簿ソフトからピックアップしてみると10万6千円くらいあったので、申告しようと思ったら、いくつか医療費控除にいれられないとわかって断念しました。
いれられなかったのは、血圧計と歯周病健診。

血圧計は医師の指示書があるか、医師からすすめられて購入して記録したものがあれば認められると書いてありました。我が家では定期的に測ったりしている記録はないので、やめておきました(^^;)

また歯周病健診も治療のためではなく、市で行っている年齢別の健診だったので、多分違うな~と。

それから、これは以前に税務署に指摘されたのですが、予防接種の費用も医療費控除にはいらないそうです(´・ω・`)

この二つを除くとちょうど10万円くらいになってしまうので、申告はやめておきました。確定申告のページから医療費控除申請フォームダウンロードして入力すればいいだけなんですけどね。計算は自動でやってくれるし。医療費確実に10万円超えているよって人は、e-Taxの医療費控除おすすめです。

と、ここまで書いていて気が付いたのですが、2018年から医療費控除にレシートの提出はいらなくなったそうです(*´▽`*)とはいえ、計算するのにいるし、自宅で5年間保存する必要があるのは、e-Taxでも税務署に直接提出でも一緒なのでそこは注意です。

そして忘れてはならないのが寄付控除。ふるさと納税している人は、ここに入力です♪
入力すると還付される金額(寄付金額-2千円)が表示されて(*´▽`*)という気分になりました。

ところでふるさと納税の入力するとき、寄付先の自治体を入力するのですが、一つだけ寄付証明書に都道府県の記載がなく、何県だったか?検索しました(;´∀`)

そんなこともあるんだな~と思いながら、今年の確定申告も終了。還付金が振り込まれるのを待つだけです。でも、これは旦那様の確定申告、わたしの申告はこれからなの(^^;)


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

TOP