熱中症 症状

熱中症の症状として気象庁のホームページにあがっていたものです。

1めまいや顔のほてり、一時的に意識が遠のく、腹痛

2筋肉痛や筋肉のけいれん、手足のしびれ

3体のだるさや吐き気、頭痛

4拭いても拭いても汗がでたり、まったく汗がだないなど、汗のかき方がおかしい

5体温が高い、皮膚が赤く乾いているなどの異常

6呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

7水分補給できない

6、7はすぐに医療機関を受診するレベルだそうです。怖いですね。

義理のお母さんは足がつって猛烈にいたいといって、医療機関を受診したのですが、熱中症と診断されていました。2の症状だったということだと思います。

足がつるって日常的にあることなので、がまんしていたら危なかったかも。点滴をうけたら症状は治まって家に戻ったそうですが、水分と塩分をとるように気をつけているそうです。

クーラーは使っていたので油断して、水分はあまりとっていなかったといっていました。室内でクーラー使っていても熱中症になることはあるんだなあと思いました。

私の実家の両親にも教えてあげよう。
高齢者は喉の渇きに鈍感になりやすいというから、もう、飲みたいからではなく、習慣的に水を飲むようにした方がいいみたいですね。


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

TOP