海外ドラマ LOSTを見終わったけど謎が深まるばかり・・・

海外ドラマLOSTを見終わりました~。正直、最後は惰性でみていたのであまり進まなかった。積極的に続きが気になる!とならなかったので。

LOSTは、オーストラリアのシドニーからアメリカのロサンゼルスに向かっていた旅客機が謎の島に墜落。なのに40人もの乗客が生き残り、彼らは島で暮らしはじめます。島での生活と、生存者の過去がフラッシュバックで語られます。

最初は関係なさそうにみえた彼らにつながりがあることがわかり、島の秘密も徐々に明らかになるという話です。

視聴はAmazonプライムビデオです。この1年で、メンタリスト、ウォーキングデッド、LOST、ジャック・ライアン(Amazonプライムオリジナル)などを見ました。ドミュメンタルの一部と映画も何本かみているので、年間約4千円の元はすっかりとれましたよ。

どの作品も追加料金なしで見ましたが、週末になると100円レンタルとかやっていて、スター・ウォーズとか見れるので、週末にレンタルビデオ行っているという人は、のりかえてもいいかもですね~。レンタルビデオ屋でウロウロするのも楽しいですが、時間が厳しいときもありますからね。

Amazonプライムは、テレビ、スマホ、タブレット、PCでみれるので、便利。ダウンロードも作品によってはできるんで、家族の用事につきあって外にいくようなときはダウンロードして持っていって暇つぶしにみています♪
 ↓↓↓

 
つい、Amazonプライムの良さを語ってしまいましたが、ここからはLOSTの感想を、ネタバレあるので、読みたくない人は回避してくださいね~。

最後までみた感想としては、島には謎の生物がいて、おおきなエネルギーをもっている。それを島に閉じ込めているので監視役がいる。次の監視役を選ぶために旅客機はおとされた。とう解釈でいいのではないでしょうか?

前の監視役の人は島のなかから、次の監視役の人たちの人生眺めていたらしいんですよ。気が長い話だ。
しかも、それを1個の旅客機にのっけて島の上を飛ばせて落とすって・・・呼び方がまちがってませんか?だって候補じゃないひといっぱいのっていましたよね?

島の力を利用しようと外から人が来るのはわかるんですが、いったいどーやって知ったのか?島は普通たどり着けないらしいのに、普通に行き来しているし。昔は行き来できたの?
登場人物たちが、こうすればうまくいんでないかい?といろいろやるけど、たいてい失敗になるちょっと変わった展開。

まあ、脚本という名の神がやっているので、あれこれいってもムダですし、奇想天外な展開が面白いといえば面白いドラマですもんね!

でも、家でドラマみていると、ときどき一緒にみる家族に、「そういえば結局どーなったの?」ときかれることが多いのですが、
水爆でタイムスリップした。
乗客で主要人物以外は、結局みんな死んだ。
一度島からでたけど、人生うまくいかないんで島に戻るんだけど、そのときも旅客機で不時着。結局そのときも主要人物以外が死亡。最後は二度目に島に来た時の旅客機で主要人物の一部が脱出。

このようにかいつまんで説明していると、奇想天外をとおりこしてバカバカしさがかもしだされるようですw

このようなドラマですが、やっぱりLOSTは面白かったなあと思います。ただ、少し引き延ばしがはいっていたような気がするのが残念。


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

TOP