極上かるかん

お土産にもらった「かるかん」です。でも、いつもより高級そうです。中身も凝っています。


名前は「極上かるかん 島津公」です。製造元の森三というお店のホームページをみると、かなり素材にこだわってつくっているようです。

いただいた、桜島小みかん餡の説明は

「米どころ大口で栽培される合ガモ米と山芋を使ったかるかん生地で、特産である桜島こみかん・福山黒酢を使用した餡をしっとりと蒸しあげました。」

となっていました。

かるかんは、薩摩藩で1700年代から作られていたお菓子で、自然薯を使うのが特徴です。薩摩藩の特産が自然薯と砂糖だったのでできたお菓子で、最初は「ういろう」のような棒状だったそうです。

島津斉彬の命でかるかんに改良がくわえられ、現代のようなかるかんになったといわれています。
今では、鹿児島・大分のお土産の定番ですね。

いただいたのは、さすがは極上かるかんで、甘すぎずとても上品で爽やかな味わいでした。鹿児島空港などで買えるようなので、ちょっと改まったお土産によさそうですね。

桜島小みかん餡の他に2種類の島津公があるそうです。

小豆こし餡:なめらかな小豆のこし餡を包み込みました。
白粋:餡なし、生地のおいしさをシンプルに味わい下さい。

こちらも味わってみたいものです( *´艸`)


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

TOP