振り込め詐欺?

「へんな手紙が来ている」と80歳を超えた実家の母から電話がきました。
「聞いたこともない会社から電話代払えって書いてある」とも。

会社名を教えてもらって、調べたらちゃんと実在している会社のようです。
でも、電気は〇〇電力と契約しており、心配になった母が電力会社に電話したら、きちんと引き落としできているとのこと。

とりあえず、手紙に書いてある連絡先ではなく、会社の代表に電話して調べてもらったら・・

「プロバイダー料金が引き落としできていないようです」

との返事でした。

そういえば、実家には有線放送会社の回線を使ったネットが引いてあるのでした。ただ、手紙の会社に、その有線放送の会社だとわかるような記述がいっさいなく、親はネットは一切使わないのですっかり忘れていたようです。

もともとは、近所に住んでいた義理の兄が引いたもので、私たちが実家に帰ったときにWifiでつないて使っているだけ。
なので、子どもたちで回線にかかる料金も負担していたのです。

このままだったら、ちゃんと引き落としできていたはずなんですが、11月に親が引き落とし口座を閉じてしまいました。そのとき、ネットのことはまったく意識していなかったので、口座の変更手続きせず、引き落としができなくなったというわけ。

子どもの方も、振込口座がなくなれば気が付きますが、毎年1度しか振り込まないので、まだ誰も気が付いていなかったw

口座を閉じたのは、父親が免許を返納したので、遠くの金融機関までいけなくなったので、近所の郵便局に引き落としをすべて移動したから。これ自体はすごくいい考えですが、プロバイダー料金は見落とされてしまったわけですね。

親はネットを使っていないし、解約して、私たちが行くときはポケットWifiでもいいかなと思ったのですが、夫が

「親が衰えてくると、頻繁にいくことになるかもしれないから、残しておいたら」

と、言ってくれて、確かに今年は4回実家にいっているので、それを考えると今のネット回線のままの方が、確実につながるし、いちいちポケットWifiを手配したりするより、面倒じゃないし、安いかもしれないと考えなおしました。

親の家にネット回線がない人もいるかもしれませんが、いまやネットがないと連絡さえ不自由ですよね。将来親の家で介護する可能性があるなら、親が元気なうちにネット回線を準備しておいてもいいかもと思いました。スマホなら一応通信はできますが、通信量をきにしながら使うのは精神衛生上よくないですもんね。

じゃあ、ネット回線を引こうかな、と思っても、情報が多すぎて、自分で決めるのが大変ですよね・・・
そんなときに役にたちそうな、ネット回線の比較サービスをみつけたのでご紹介しておきますね。

それにしても、どうして電気料金の請求だとおもったんだろう?


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

TOP