就学支援金 ふるさと納税

今年は就学支援金の申請書が高校から届いていますが、もう提出しました?
神奈川県は締め切りが7月2日までのようなので、そろそろ急がないと!です。

平成30年7月分から就学支援金の対象判定がかわっています。以前は住民税の市町村の住民税が30万4200円未満となっていたのですが、

県と市の所得割の合計が50万7千円未満と変更になりました。足し算が必要w

微妙に50万7千円を上回っていると、すごくモッタイナイ感じがしますよね。まあ、どこかに線引きしないといけないというのはわかるんですけど。

友達がまさにココにいて、彼女はふるさと納税をすることで住民税を下げて、就学支援金の対象になるという裏技をやっています。

ふるさと納税をすると、寄付金の一部が翌年の住民税から引かれるので、所得割合の金額が下がるのです。微妙に超えている人は、ふるさと納税をやってみる価値ありです。

彼女は計算して上限までやってみてたら、みごと判定基準より下がったので、それから毎年ふるさと納税をしているそうです。

特に今年は高校生二人になったので、ものすごく助かったといっていました。住民税を計算してみて「ウチは対象じゃない」とがっかりしている人は、今年は限度額までふるさと納税使ってみてはいかがでしょうか?もし、判定基準まで下がらなくても、返礼品の分だけお得になりますし。

限度額が知りたいという方は、ふるさと納税のサイトにシュミレーションがあるので使ってみるといいですよ。
CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

TOP