大学 出願 書類

今日も、息子の受験する私立大学へweb出願&書類作成。

まず、息子に提出用の写真をとってきてもらう。みんな3×4センチだった。
ついでにセンター試験の受験票にも写真を貼る。

一部の私立大学は、写真もweb提出で貼り付けいらなくなっていました!びっくり!
でも、全部卒業見込みであることを証明する調査書を贈らないといけないので、封筒を用意して、

web出願のあと出力した願書と学校からもらった調査書、
センター利用のところはセンターの受験票についてきた用紙、必要なら写真

これらをセットにして、裏書が必要なものは書いて・・・結局昨日から合わせると4時間くらいかかった。

支払いは全部クレカにしたからいいけど、コンビニ支払いなら、支払いに行かないといけないし、
支払いが終わらないと願書が印刷できないので、もっと時間かかるだろうなあ。

夫・息子・私で、入試方式と、受験日、受験地、時間を確認しながらスケジュールもメモ。
学校から「お前のセンターの得点では勝負にならないから、一般受験しろ。」といわれたので(;´∀`)

かなり日程がたてこんでいます。
間違えないようにしないなあ。

合格発表と手続き間違えないようにしないと・・・緊張ですわ(;´∀`)

封筒は簡易書留で送らないといけないので、明日息子が郵便局にもっていくことにしました。
簡易書留だと、普通の送料+310円だそうなので、これも何通も送ると結構な出費です。
まあ、受験料ほどじゃないわな。

たくさん私立大学の入試要項を読んだので、試験方法がだいたい3つとわかりました。

全学統一入試、一般入試、センター利用です。

全学統一は、大学の全学部一斉にやる試験。募集人数少な目。
一般入試は学部ごとにやる試験、ここが一番募集人数が多い。
センター利用は、センターの結果だけで判定がでる。願書だしてセンター受けるだけでいいけど、センターが悪いと落ちる可能性が高い。募集人数少な目。

だいたいこんな感じです。
なので、大体の私立大学は3回受験のチャンスがあるんですね。

日大や東海大は、さらに一般入試が3日間あって、3回うけれたりするので、同じ大学を5回とかうけれたりするんですねえ。

こうしていろいろ覚えたけど、2年後の弟のときには、センター試験ないんだよなあ~。


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

TOP