フィギュアスケート ジャンプ

伊藤みどり選手の時代からフィギュアスケートみるのが好きで、今でもときどきみるんですけど、ジャンプの種類がちょっとだけわかると面白いかなと思うので、簡単なみわけかたです。

まず名称です。難易度が低いといわれている順です。
トウループ
サルコウ
ループ
フリップ
ルッツ
アクセル

見分け方その1 後ろ向きに飛ぶか、前向きに飛ぶか?
前向きに飛ぶのはアクセルだけです。見分け簡単ですね♪
浅田真央選手のトリプルアクセルは、アクセルで3回転したという意味。
女子で最初に公式戦でトリプルアクセルを成功させたのは伊藤みどり選手です。

見分け方その2 トウジャンプかエッジジャンプか?
トウジャンプはスケートの刃の前の方で踏み切ります。
エッジジャンプは刃の部分で踏み切ります。この場合反対の足の遠心力で上昇するため難易度が高いです。
トウジャンプは、トウループ、フリップ、ルッツ
エッジジャンプは サルコウ、ループ、アクセルです。

ここからはちょっと難しい。見分け方その3
踏み切った脚と、着氷の脚が逆になるジャンプ
サルコウ、プリップ、ルッツ、アクセル

さらに細かい見分け方その4
あとは飛ぶ前にエッジのアウト側にのっているか、イン側にのっているかでみわける
アウトエッジにのる、トウループ、ループ、ルッツ、アクセル
インエッジにのる、サルコウ、フリップ

最後の方は、かなり慣れてこないと・・・(^^;)私も見分けつかない場合が多い(*ノωノ)

まあ、あんまり気にしていると演技が楽しめないので、前向きに飛んだらアクセルだな~からはじめて、刃の前でとんだからトウループかフリップかルッツだね~くらいで。

でも、解説が入る前にわかるとちょっと謎な優越感だったりして( *´艸`)
フィギュアスケートみていたら、いきなり宇野昌磨選手が団体男子ショートプログラムでトップでびっくりした。

ちなみに宇野選手は4回転フリップを公式戦で初めて成功させた選手です。
羽生結弦選手は4回転のループを、安藤美姫選手が4回転サルコウを、それぞれ男女で初めて成功させています。

安藤選手は、世界で唯一公式戦で4回転を成功させた女子選手です。
日本の選手はジャンプ得意な人が多いですね。


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

TOP