コーヒー朝飲むと危険

AllAoutで朝起きてコーヒーを飲むのは危険という記事をよみました。

理由は、コルチゾールというホルモン物質がカフェインで抑制されるからということでした。

コルチゾールといえばストレスホルモンとして有名ですが、実は低すぎてもダメ。朝は8~9時の間に分泌されて脳の覚醒をうながすというのです。

その時間帯より前にカフェインをとっているとコルチゾールが分泌されないので、他の方法で覚醒させようと、前と同じようにカフェインをとる。

カフェインを取りすぎると依存症になるのでよくない。

だいたいこのような結論の研究があるのだそうです。

コルチゾールはストレスホルモンだから低いほどいいのかと思っていたら、そうもいかないんですね~。人体はバランス大事。

でも、カフェインには血管をひろげリラックスさせる効果や眠気をさます効果があることもわかっていますよね。

両方のいいとこどりするには、コルチゾールの分泌を阻害しない時間帯でカフェインをとるのがいいってことかな。

研究で推奨されているのは、朝10時から正午にかけて、午後2時から5時にかけてだそうです。おやつとコーヒーが最適ってことかな♪

ところで、コーヒーのことをあれこれ調べていたのは、

夫が「インスタントコーヒーは、かき回さなくても溶ける」と主張したから。

もちろん粉とお湯の量によるとは思いますけど。

とりあえずインスタントコーヒーのビンを確認したら、作り方には「溶かす」はなかった!

お湯をそそげってあっただけ。

ブラックの人はかき回さなくていいようですw


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

TOP