ふるさと納税 制度見直し

総務省がふるさと納税の制度を見直しをすると発表しました。具体的には総務省が注意しても従わない自治体への寄付は控除しないとするという方針です。

ふるさと納税は、寄付したのとほぼ同額が税金から控除される=実質戻ってくることからお得感があるので、もし控除されないとなったら、その自治体への寄付はなくなるでしょう。

総務省は、ふるさと納税の実態が主旨から外れているとして、2度にわたって通達を出しています。

〇返礼品の還元率は3割以下にすること。1万円寄付したときの返礼品の市場価格が3千円より低くなるようにするという意味です。

〇地方の特産品を返礼品にすること。金券や家電はNG。

ですが、総務省の調査によると返礼品の還元率が3割を超えている自治体は14%、特産品でない返礼品を用意している自治体は10%ほどあるということでした。

それで、とうとう控除しないといいだしたようです。これでは自治体側も返礼品の見直しをせざる得ないでしょう。

今でているものは変更しないと思いますが、これからでてくる返礼品は3割以下に抑えていくのでしょうね。

それでも、給与天引きで納税するより返礼品の分はお得なので、利用者ははなれないとはおもいますが、以前よりお得感が減るのはたしかですね。ただ、こちらで紹介している裏技には関係なさそうなので、まだ使えますね、よかった!→ふるさと納税で高校の学費を節約

というわけで、総務省の発表直後はふるさと納税サイトはアクセスが集中していたそうです。みんな見直しになる前に寄付しようとしたんですね。

実は私も・・・ちょうどお米がなくなったので、寄付しておきましたw
今朝はそれほどサイトの表示が遅くはなかったですよ。

私がメインで使っているふるさと納税サイトはこちらです↓


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

TOP