かるかん

鹿児島のお土産にもらった「かるかん」です。「西郷どん」仕様になってますw

一時期、大分のかるかんをもらうことが多かったのですが、そちらははにわの形をしていました。九州のお菓子なのかな?

きになったので、調べてみると、なんと「かるかん粉」なるものが存在し、鹿児島などでは市販されているそうです。家庭でかるかんをつくるのですね!

ネットにもありました。

かるかん粉は、「うるち米を水洗いして、ひびを作り、粗く挽いた粉」だそうです。

かるかん粉の他に「砂糖、山芋、水」が材料になります。黒砂糖と山芋がそろった鹿児島が発祥の地ですが、今では関東のお菓子屋さんでも作っているところがあるそうです。

江戸時代に薩摩藩でつくられたのがかるかんのはじまりらしいです。島津斉彬が江戸から招聘した明石出身の菓子職人八島六兵衛という方が始めた明石家という和菓子屋が老舗です。

楽天のふるさと納税にありました。

 

でも、大分の埴輪型のかるかんは見つかりませんでした。
初めてもらったかるかんが、埴輪の形だったので、最初はその形が「かるかん」なのかと勘違いしていたw


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

TOP