おうちカフェ

知り合いがおうちカフェを開店したというので、知り合いに情報ながしていたら、今度一緒にいこうということになっていってきます。

それで、思い出したのがこの本。

2009年の出版だから、今、どうなっているのかなと。堀口珈琲店で修業した12人か田舎カフェを始めた経緯などを取材した本です。

9年が経過して、やはり3つほどは、HPがみえなくなっていますね。HPがなくなったか移転しただけで、お店はあるのかもしれないけど。
でも、12軒のうち9軒残っているなら、コーヒー専門店としては優秀なほうではないでしょうか?

飲食店を始める人って、本当に人に何か食べさせたり飲ませたりして喜ばせるのが好きなんだなあと思います。

彼女のカフェも長く続くといいなあ。


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

TOP